本文へ移動
生かせ いのち
同行二人

親切 丁寧 確実!!

お客様を第一に考え、親切・丁寧・確実な応対とサービスを行って参ります。

ご案内

今月の行事連絡

12月の行事ご案内
 
12月01日 納め写経会
12月14日 納め地蔵 厳修
12月18日 納め不動・護摩祈祷法要 厳修
12月21日 納め大師・護摩祈祷法要 厳修
 
12月の行事につきましては以上の通りです。
新型コロナウイルス感染予防へのご協力宜しくお願い致します。
 
ご来山者様各位
感染予防対策にご協力をお願い致します
 
㈠体調がすぐれない方のご来山はご遠慮下さい
㈠検温の実施 体温の目安
37度~37.4度の場合お断りさせて頂く場合がございます
37.5度を超える場合はご遠慮頂きます
㈠手指アルコール除菌
㈠マスクのご着用
㈠ご着席の際はお隣の方と間隔を空けて頂きます
 
新型コロナウイルスの感染予防へのご協力宜しくお願い致します
 
今後感染者数の増加・緊急事態宣言に値する自粛宣言(国並びに自治体などで)が
 発出した場合本堂を含む建物内へのご入場は一切中止となります
 ただし境内からのご参拝は可能です

除夜の鐘

令和3年 除夜の鐘 中止のご案内
 
感染者は減少傾向にございますが、昨年に引き続き皆様の安全を第一に考えて、令和3年・除夜の鐘は中止と致します。
毎年楽しみにして頂いている皆様に於かれましては誠に申し訳ございません。
 
なお、「除夜の儀」として寺関係者のみで除災招福を念じて鐘を撞かせて頂きます。
皆様に於かれましてはご自宅から鐘の音をお聴き頂きゆく年くる年をお過ごし下さい。
 
令和4年の皆々様のご健康とご多幸ご健勝をお祈り申し上げます。
 
至心合掌
 
逗子大師 延命寺

新年三が日

初詣 三が日のご対応について
 
昨年に引き続き、ご参拝皆様の安全を第一に考えて以下の様なご対応とさせて頂きます
ご理解ご協力をお願い致します
 
期間 1月1日より1月3日まで
 
護摩祈祷時間
 元旦・2日・3日 (2座法要)
  1座目 ~ 午前11時 開始
  2座目 ~ 午後2時 開始
 
 以上の予定で御祈祷させて頂きます
 
初詣・三が日の期間中のご参拝と御守りの授与のご説明
①御守り授与所の窓口は会館玄関左手の特設窓口となります。
②御守りの授与はまず掲示板にて御守りの見本をご覧頂き記載の番号と個数を専用記入シートにご記入頂き窓口で注文下さい。
③護摩札の受付は会館玄関の通常窓口が受付所となります。
④三が日中は混雑が予想されます。授与所では、前後の間隔を取ってお並び下さい。
順番にご対応させて頂きます。また、護摩札はなるべく事前申込のご協力をお願い致します。
⑤三が日中は多忙の為、ご法事のご予約やご相談等の一般寺務受付はお休みです。
⑥建物内にお入りの際は、手指消毒・マスクのご着用のご協力を必ずお願い致します。
⑦熱がある・ご体調がすぐれない場合のご参拝はお控え下さい。
⑧本堂内ご着席の際は、お隣との間隔を空けてお座り下さい。
⑨御札の受取は混雑を避けて頂き、1月21日までにお越し下さい。
 
 
中止事項
 ◆お手洗いのご使用(安全確保が出来ない為)
 ◆福酒のお接待(安全確保が出来ない為)
 ◆三が日中の梵鐘撞き
 
ご協力
 ◇体調がすぐれない時のご参拝はお控え下さい
 ◇三が日中の分散参拝のご協力(参拝時間:午前8時~午後5時まで)
 ◇マスクのご着用
 ◇手指消毒のご協力
 ◇ご参拝時のソーシャルディスタンス
 
窓口の対応
 ◆「御守り授与」と「護摩札・御朱印受付」の窓口が別々になります
 ◆御守りのお求めは見本をご覧頂き 専用の注文シートにご記入して窓口でご注文下さい
 ◆護摩札の受取は「護摩札・御朱印受付」窓口で受け取りとなります
 
おたきあげ(古札・古御守)
 ◇新聞紙など梱包紙や袋類から出して窓口にお納め下さい
 ◇梱包紙・袋類はお持ち帰り下さい
 ◇寺院の物のみお受け致します
 ◇お受け出来ない物はお持ち帰り頂いております

 

新年の御朱印

新年ご参拝の御朱印ご対応について
 
令和4年1月1日より1月10日の間は、窓口が大変混雑する為、
以下の2種類の御朱印のみ授与となります。
ご理解とご協力をお願い致します。
 
授与致します御朱印
  ◇本尊大日如来
  ◇湘南七福神・弁財天
 
お気を付けてお参り頂き、良きご縁をお結び下さい。

斎場業務

貸斎場業務に関して
 
葬儀業者様御中
 
日頃より遍照閣会館をご使用頂き誠にありがとうございます。
斎場ご利用に関してご案内致します。
引き続き新型コロナウイルス感染症対策として以下のご協力をお願い致します。
 
●アルコール除菌液・検温機などの持参
●ご飲食はご遠慮頂いております
●式終了後に於ける清掃(除菌を含む)式場・控室・お手洗い等
 
その他、ご不明点はお問合せ下さい。
感染予防対策にご協力頂き、斎場をご使用下さいます様
ご理解・ご協力の程、宜しくお願い致します。

当山のご案内

黄雲山地蔵密院 延命寺 由緒沿革
 
当山は奈良時代、天平年中 行基菩薩が開基せられ御自作の延命地蔵菩薩像を安置し本尊とされたのが延命寺の由来である。平安時代に入り、弘法大師(空海)が下野の国、二荒山(現在の栃木県)に行脚の折、この地に立寄り、当山の地蔵尊を安置する厨子を設けられました。 以来、住民尊信の的となりいつしか当山所在のこの地一帯を往時は「厨子」と呼び、近時より「逗子」という地名の起源となったとされている。
 ※延命寺沿革はこちらからご覧ください。
●高野山真言宗
真言宗は密教心髄の教えを説く宗派でございます。弘法大師(空海)様によって深く日本に伝えられました。本山は和歌山県高野山にあり開創は弘仁7年(西暦816年)です。高野山真言宗は弘法大師様の御廟を信仰の源泉とする仏教の一派です。

●弘法大師(空海)(お大師さま)
弘法大師様はお名前を空海(幼名は真魚)と申します。潅頂名を遍照金剛とお呼びします。宝亀5年(西暦774年)6月15日に現在の香川県善通寺市でご誕生になり承和2年(西暦835年)3月21日に和歌山県高野山にご入定なされ、現在も、奥之院から我々の幸せを念じておられます。

宗祖弘法大師御宝号
 南無大師遍照金剛(ナムダイシヘンジョウコンゴウ)

アクセスご案内

カーナビの目的地設定について
 
当山へ御来山頂く際、カーナビの機種によって寺の裏手へ案内することがございます。
山門は県道24号線沿いにございます交差点延命寺前となります。
お間違いの無いよう気を付けて御来山下さい。
 
ナビ入力住所
神奈川県逗子市逗子3-2
カナガワケン ズシシ ズシ 3-2

ご参拝の皆様へ

      
ペットのフンをそのままにされている方がいます
本当に悲しいことですcrying
ペットのフンは飼い主の責任です
必ず持ち帰り下さい
      

禁止事項

延命寺ホームページに掲載されている画像等の無断転載はご遠慮下さい
葬儀業者との提携や葬儀プラン等は一切ございません
当斎場を貴社ホームページに掲載する事を禁止致します
永代供養について詳しい情報はこちらから
延命寺斎場について詳しい情報はコチラから

延命寺からのお知らせと新着情報

逗子大師延命寺 オリジナル御朱印帳

延命寺御朱印帳

延命寺オリジナル御朱印帳が完成致しました

金剛界曼荼羅をあしらった表紙です

価格 一冊1,500円

お求めは、延命寺事務所まで

高野山真言宗
      黄雲山 逗子大師 延命寺

〒249-0006
神奈川県逗子市逗子3-1-17
TEL.046-873-9322
FAX.046-873-5946
 寺務所受付時間

(御朱印を含む)
午前9時〜午後5時
──────────────────
厄除祈願・永代供養墓・金剛霊殿の管理・貸し斎場の管理
──────────────────
交通案内
●電車の場合
・JR横須賀線 逗子駅東口改札より徒歩約5分
・京浜急行 逗子・葉山駅【旧新逗子駅】北口改札より徒歩約3分
●お車の場合
 ・横浜横須賀道路 逗子インターチェンジからJR逗子駅方面へ直進 約3km

 

※ご注意下さい※

 カーナビのルート検索で延命寺への経路を設定する際
「名称」「電話番号」「住所」
で検索すると 誤った案内をするカーナビがあります

カーナビで延命寺までの経路を設定する際は

神奈川県逗子市逗子3-2

『カナガワケン ズシシ ズシ 3-2』

で目的地設定を行ってください

0
5
1
6
8
1
TOPへ戻る